鯛せんべい抹茶みるく味



「房州名物鯛せんべい」の起源は遠く鎌倉時代にさかのぼり、傑出した日蓮聖人の霊蹟小湊妙の浦に棲息する、鯛が輝く日の出の水鏡に跳躍する姿に因んだものでございます。
 最初はヒエとか栗を材料にしたもので現在のものとは大分違ったものが作られたようですが、大正の末から昭和の始めに上質の小麦粉、砂糖、卵等を使って鯛の姿を作り、しかも白身を片側に表す活き作りの様式が取り入れられました。 大鯛の跳躍を型どったまげ具合に独特の技術があり、かたち美しく郷土色豊かな銘菓としてお土産品に喜ばれています。
クーベチュールチョコを使用し、宇治抹茶を練り込みました。

カートの中を見る

商品一覧


商品検索